異国情緒あふれる踊り

複数の女性

自分らしさをのびやかに

ベリーダンスといえば、色っぽくてエキゾチックな腹踊りというイメージを持っている人が多いことでしょう。実際にベリーダンスとはお腹の踊りという意味の英語です。19世紀にジプシーの踊る様子を見て西洋人記者が名づけたことがきっかけとなり、世界中にこの言葉が広まったといわれています。アラブでは東洋の踊り、あるいは東方の踊りなどという意味のアラビア語で「ラクスシャルキ」と呼ばれています。エジプトでは国産の、または自然のという意味で「バラディ」と呼ばれているそうです。ラクスシャルキを英語にした「オリエンタルダンス」という呼び方もあります。オリエンタルダンスはベリーダンスだけではなく、様々なアラブの民族舞踊をも含んだ呼び名です。不思議な魅力を持つベリーダンスの起源は、実はあまりはっきりとせず謎めいています。ただ、古代の豊穣を祈る儀式での神様のための女性たちの踊りをルーツとするという説が有力とされています。一部の所作はインドから入ってきたともいわれています。現在のショーなどでおなじみのベリーダンスのスタイルは、北インド原郷とされる流浪の民ジプシーが、アラブの伝統舞踊を自らの芸能に取り込むことで誕生したとされています。ベリーダンスそのものが、インドからやってきたジプシーからの影響を受けているとの説もあります。女性の踊りというイメージが強いですが、男性の踊り手もいないわけではありません。ベリーダンスは、比較的激しい動きが少なく年齢を問わず楽しむことが可能です。身体を無理なく鍛えつつ自然に引き締める効果があります。特に女性の健康維持に効果を発揮するともいわれています。しかもパートナーを必要とせず一人で自分を表現することが出来るため、今日世界中で人気と注目を集めています。大らかに自分を解放することによるストレス解消効果や身体の内側から美を作り出す効果も期待されています。